アレルナイトプラスを実際に使ってみて本当にアトピーや美容に効果があるのか検証してみた!良い口コミ、悪い口コミの真実に迫ります!

【詐欺!】アレルナイトプラスがアトピーが効果ない?悪い口コミが多いってホント?

アトピーに関するお悩み

アトピーには腸内環境改善が思いのほか大事!アトピーと腸の関係

更新日:

年々患者数が増えているアトピー性皮膚炎ですが、その原因と言われるものは数多くあります。

 

遺伝であったり、ストレスや環境、皮膚のバリア機能が低下している時の物理的な刺激など、なにか一つというわけではなく色々組み合わさって起こっているために、原因を特定することは難しいのです。

ただ、アトピーの症状を改善するためには、腸を健康に保つことが重要だということが最近分かってきたようですよ。

 

腸内環境が健康に関係するワケとは?

外部から入ってきたウイルスや細菌、体内のがん細胞などと戦って、体を守ってくれる免疫細胞の7割近くは腸にいると言われています。

そのため、腸内環境が悪くなるということは、免疫系にも悪い影響を与えるということなんです。

 

人間の大腸には100兆個~1000兆個近くの細菌が棲んでいて、それらの細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌という3種類に分けられます。

善玉菌は、全体の2割くらいを占めていて体に有用な働きをしてくれる菌のこと、悪玉菌は全体の1割くらいで、体に有害な働きをしてしまう菌のこと、残りの7割は日和見菌で、善玉菌と悪玉菌のうち優勢な方の味方をします。

 

ただ、上記のような割合になるのは、健康な状態の時であり、悪玉菌が優性になってくると、日和見菌がいっせいに悪玉菌の味方になるため、腸内細菌のバランスが崩れて、体全体に色々な悪い影響がもたらされます。

 

つまり、善玉菌がたくさん棲んでいる腸内を持つ人の方が、悪玉菌が多い人よりも健康というわけなんですね。

大腸はたくさんの病気を生む

色々な病気がある中でも、実は大腸に関係する病気ってとても多いんです。

例えば、大腸のポリープ、大腸がん、過敏性腸症候群、炎症性腸疾患などがあります。

他にも、自己免疫疾患やアレルギー、アトピー性皮膚炎など、腸とは関係なさそうな症状も、実は腸内環境が関係している可能性のある病気なんです。

 

このように、たくさんの病気の発生源となっている腸ですが、どうしてこんなにたくさんの病気が、腸と関係があるのでしょうか?

それには、やはり腸内細菌が影響しているようですよ。

 

腸内バランスが崩れて悪玉菌が優性になってしまうと、悪玉菌が食べかすを大腸の中で腐らせます。

そして、腐ったものが腸内に溜め込まれることで便秘になったり、腐敗が進んでアンモニアや硫化水素などの毒素が作りだされると、色々な大腸の病気を生み出してしまうのです。

 

さらに、それらの毒素が体に吸収され、血液に乗って皮膚に到達してしまうと、肌の新陳代謝が乱れて肌荒れをおこしたり、毒素が脳に達した場合は、脳機能が低下するということまであるんですよ。

乳酸菌はアトピー患者を救うかもしれない

アトピー性皮膚炎は、体の色んな部分にかゆみや湿疹が出てしまい、症状が良くなったり悪くなったりを繰り返します。

そして、アトピーを発症している人の腸内には、善玉菌が少ないということが研究で分かっているんだそうです。

 

ストレスや不規則な生活、乱れた食生活、疲れなどは、腸内の悪玉菌を増やしてしまいます。

悪玉菌が増えて腸内細菌のバランスが崩れてしまうと、先ほど説明したように、肌にも悪影響を及ぼしてしまうので、アトピーの症状を抑えるには、悪玉菌が増えないような生活を心がけるなどして、腸内細菌のバランスを保つことが重要です。

 

アトピー性皮膚炎というのは、その体質が親から遺伝しやすいとされていますが、フィンランドで行われた試験で、出産前後に母親が乳酸菌を摂取することにより、生まれてきた子供が、アトピーを発症しにくくなるということが分かっているんです。

その試験は、アトピーの家族歴があるという妊婦さんを対象にしていて、出産予定日の1か月前から産後半年までの間、継続的に乳酸菌を摂取してもらっています。

 

すると、乳酸菌を摂取した人はそうでない人に比べて、子供がアトピーを発症する確率が半減しました。

そして、その効果は7年続いたということです。

 

さらに、すでにアトピーを発症している子供でも、乳酸菌を8週間摂取したところ、かゆみ等の症状において改善傾向が見られたんだそうですよ。

乳酸菌を摂って腸内環境が改善したことによる効果だということでしょうか。

腸内細菌をコントロールすることで健康を手に入れられる!

腸には免疫細胞の約7割が集まっているため、腸の病気だけでなく、アトピー性皮膚炎や他の全身の病気においても、腸内環境が正常であるかどうかということは大いに関係してくるんですね。

 

例えばお腹が空いてくると、人ってちょっとイライラしちゃいますよね?

これも実は腸内細菌の影響ということが分かっているんです。

腸内細菌が栄養を欲しがって、イライラさせる信号を与えているんだそうです。

なんだか、腸内細菌に体を支配されているみたいで、びっくりですよね!

 

他にもパーキンソン病やアルツハイマー、自閉症なども腸内細菌と関係があるということが分かっています。

腸内細菌のバランスを崩すことがこれらの病気の原因になっているということは、逆を言えば、腸内環境を整えることは全身の色々な病気を予防したり改善することにつながるということです。

善玉菌などの力を借りながら腸を健康にすることが、自分の体そのものの健康を、手に入れることになるということですね。

 

善玉菌を増やすには?

不規則な生活やストレスなどによって、悪玉菌が優性になると腸内環境は悪化してしまいます。

善玉菌が増えていくと自然と悪玉菌は減っていくので、善玉菌を増やす必要がありますね。

でも、善玉菌ってどうやったら増やせるんでしょうか?

プロバイオティクスを摂る

プロバイオティクスというのは、体にとっていい働きをしてくれる乳酸菌やビフィズス菌などの微生物や、それらが入った食品のことを言います。

そして、プロバイオティクスと名乗るには、生きたまま腸に届くということが条件としてあります。

 

抗生物質 (アンチバイオティクス) が、菌を殺すことで体を守ってくれるのに対して、体にいい菌を増やすことによって体を守るという考えなのが、プロバイオティクスというわけなんですね。

乳酸菌やビフィズス菌

乳酸菌飲料やヨーグルトには、乳酸菌やビフィズス菌をはじめとする善玉菌が豊富に含まれています。

でも、それらを食べても、菌は腸にたどり着く前に胃酸などにやられて死んでしまうことが多いんだそうです。

 

ただ、死菌 (死んでしまった菌のこと) は意味がないかというとそういうわけではありません。

腸内の善玉菌は、死菌などをエサとして食べて元気になるので、途中で死んでしまったとしても、ビフィズス菌や乳酸菌はもちろん摂った方がいいのです。

皆さんお馴染みのカルピスも、殺菌した乳酸菌を使用しているんですよ。

 

ただ、生きたまま腸に届いた方が、より効果的というわけなんですね。

 

口から摂取した善玉菌というのは、元から腸に棲んでいる善玉菌のように、腸内に定着するわけではないのですが、継続的に摂取することで、腸内に善玉菌がいつもいる状態を作っておくことは大事です。

 

ヨーグルトや乳酸菌飲料、それらをいつも摂取するのが難しいようであれば、サプリメントなども活用しながら、腸内細菌のバランスを安定させて、善玉菌が増えやすいような環境にすることが大切です。

栄養のバランスも大事

腸内環境をよくするために、プロバイオティクスを積極的に摂るのはとても大事なことなんですが、ヨーグルトや乳酸飲料だけをとっていたのでは、健康な腸にはなりません。

どんな体にいいものでも、それだけで健康になるというものは存在しないと思ってください。

人間の体ってそんなに単純な作りじゃありませんよね?

 

色々な栄養素をバランスよく摂り入れたうえで、プロバイオティクスを摂るということを習慣にすることで、時間をかけて腸内環境は良くなっていくのだと思ってください。

食物繊維を摂る

実は、食物繊維というのは善玉菌のエサになり、善玉菌の働きを助けてくれます。

そのため、プロバイオティクスなどを摂る時に、一緒に食物繊維も摂るのがおすすめです。

 

食物繊維には ”水溶性食物繊維”と ”不溶性食物繊維” というのがあります。

水溶性食物繊維には、食後に血糖値が急に上がるのを抑えてくれたり、血中コレステロールを下げてくれる、また、腸内の善玉菌を増やしてくれるといった働きがあります。

 

次に不溶性食物繊維ですが、水分を吸収しやすいので、便のかさましになって排便を促す作用があります。

さらに、有害物質を身体の外へ排出し、大腸がんを予防する効果もあります。

 

本当であれば、一日に食物繊維を24g以上食べるのが理想だと言われていますが、イモや玄米などをあまり食べなくなった現代において、その量を摂るのは、はっきり言って難しいです。

例えば、レタスをまるまる1玉食べたとしても、食物繊維は5gほどしか摂れないんです。

それを考えると24gってなかなかの量ですよね。

 

そのため、今の食物繊維の摂取量は、1日に、成人男性は20g以上、成人女性では18g以上と決められています。

例えば、野菜以外にもキノコ類や海藻、豆や果物なんかにも食物繊維は含まれています。

さらに、たまには白米を雑穀米にするなど、意識して食物繊維を摂り入れるということが大切です。

ストレス解消と軽い運動

ストレスを溜めてしまうと、自律神経が乱れてしまい色々な臓器に影響を及ぼしますが、腸というのは自律神経の乱れに特に影響されやすい臓器だと言えます。

緊張するような場面でお腹が痛くなる人っていますよね?

それは、ストレスにより腸の働きが悪くなるからなんですね。

 

慢性的にストレスを溜めている人は、腸がうまく働かなくなってしまい、便秘がちになります。

そして善玉菌が減り悪玉菌が増えることとなり、体全体が不調をきたしてしまうことにもなります。

ストレスを抱えないで生きるというのは難しいこの時代ですから、うまくストレスを解消する術を身に付ける必要がありますね。

 

睡眠時間が取れていないなら、まずは睡眠時間を確保するということも大切だし、軽い運動を定期的にするというのも、ストレス解消になります。

ウォーキングなら、排便時、大便を押し出す時に必要となる腸腰筋も鍛えられるので一石二鳥です。

ただ、運動すること自体がストレスになってしまっては元も子もないので、気持ちいいと感じるくらいの運動を、出来る範囲でするということも大切ですよ。

 

ちょっとコンビニに行くのを、自転車ではなく歩きにするとか、たまに一駅分手前で降りてウォーキングしながら帰ってみるといったことから始めてみてはどうでしょうか?

 

始められることから

先ほど、腸は自律神経に影響されやすいと説明しましたよね。

では、自律神経はどうすれば乱れてしまうかというと、寝る時間や起きる時間がバラバラといった生活リズムの乱れや、ストレスなどです。

 

そのため、しっかりと朝日を浴びて目覚めたり、食事の時間をだいたい同じにすること、夜更かししないことなど、規則的なリズムで生活するということも、腸内環境を正常に保つのには重要なことなんです。

 

これまで、腸内環境をよくするためにすべきことなど、色々と紹介してきましたが、一気に全部始めるのは難しいと思います。

ただ、腸内細菌が私たちの健康のカギを握っていると言っても過言ではありません。

今回紹介したようなことを、少しずつでも始めていくことで、将来元気に過ごせているかどうかが変わっているかもしれませんよ。

 

腸の健康、私たちの健康のために、出来ることから始めていきましょう。

 

まとめ

生きる上で非常に重要な臓器であり、唯一脳に指示なくても独自で動くことが出来る腸は ”第二の脳” なんて言われています。

アトピー性皮膚炎をはじめ、アレルギーやアルツハイマーなど、腸とはおおよそ関係ないと思われがちな体の症状が、実は腸と深く関わっていたというのは驚きですよね。

でも、体の免疫機能の7割近くが腸に集まっているのなら納得です。

 

腸内細菌がバランスを崩さずに活動してくれるように、軽い運動をしたりストレスを溜めないようにしましょう。

さらに、意識してプロバイオティクスや食物繊維を摂り入れるようにしたいですね。

ただ、気を付けるべきことが多すぎるよーという人は、サプリメントなどを使ってみるのもいいんじゃないでしょうか?

 

*アトピーに効果抜群!アレルナイトプラスの実際に試用した効果とは?

-アトピーに関するお悩み

Copyright© 【詐欺!】アレルナイトプラスがアトピーが効果ない?悪い口コミが多いってホント? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.