アレルナイトプラスを実際に使ってみて本当にアトピーや美容に効果があるのか検証してみた!良い口コミ、悪い口コミの真実に迫ります!

【詐欺!】アレルナイトプラスがアトピーが効果ない?悪い口コミが多いってホント?

アトピーに関するお悩み

アトピーの原因とは?やっぱり遺伝するの?

更新日:

季節の変わり目や、生活環境の変化、ストレスなどが続くとアトピーの症状が出てしまう…そんな人もいるのではないでしょうか?

しかし、そもそもどうしてアトピーが発症してしまうのでしょうか?

今回は、アトピーの発症してしまう原因についてご紹介したいと思います。

 

アトピー性皮膚炎ってどんな状態のことを言うの?

みなさんの中には、アトピー性皮膚炎という言葉を聞いたことがある人もいらっしゃると思います。

アトピー性皮膚炎と聞くと、皮膚の疾患なんだろうな…という予測はつくと思いますが、具体的にはどういった症状を引き起こしてしまうのでしょう?

まずはアトピー性皮膚炎がどういったものかというのを詳しくご紹介します。

アトピー性皮膚炎ってどんな疾患なの?

アトピー性皮膚炎というのは、一言で言うと皮膚が炎症を起こしてしまう病気のことを言います。

その多くは、痒みや湿疹といった症状として現れるのです。

この病気は、皮膚のバリア機能が弱ってしまっている人や、アレルギー体質の人が罹りやすいとも言われています。

 

そして、この病気の厄介なところは一度発症すると再発を繰り返したり、なかなか治らず、慢性的に症状が続くというところです。

一度良くなったと感じても何かのきっかけですぐに症状が悪化したり、6カ月以上経っても治りきらなかったり…そういった状況が起こりやすいのもアトピー性皮膚炎の特徴の一つです。

どんな症状が出てしまうの?

先程ご紹介した様に、アトピー性皮膚炎は痒みや湿疹が主な症状として現れます。

 

特に湿疹は、身体の左右対称に発症することが多いようです。

また、手足の関節の内側や脇、首や口、目や耳の周辺、おでこといった皮膚の弱い所にできやすいのも、アトピー性皮膚炎の湿疹の特徴です。

そして、湿疹は最初の内は赤みがあって痒い…という様な状態からはじまることが多いようです。

 

しかし、そういった症状を放置してしまうと次第に膿んでしまい、ちょっとした瞬間にひっかいてしまうと中から液体が出てきたり、湿疹になってしまった所の皮がむけてしまったりします。

もっと長引いてしまうと、湿疹の場所がごわごわと硬くなってしまうこともあるようです。

アレルギー体質の人が発症しやすいって本当?

辛い湿疹や痒みに悩まされやすいアトピー性皮膚炎。

先程も少しご紹介しましたが、特にアレルギー体質の人は発症しやすい傾向があると言われています。

 

アトピー性皮膚炎を発症してしまう人は肌が弱い人が多いのが現状です。

弱い肌に、様々な要因が負荷をかけることで湿疹や痒みといった症状が出てくるのです。

 

皮膚に負荷をかける要因の一つには、もちろんですがアレルゲン物質も含まれています。

ですので、アレルギー体質の人がアトピー性皮膚炎を発症しやすいと言われるのです。

例えば、アレルギー性の鼻炎や、食物アレルギー、花粉症、喘息といった様な症状に罹ったことがある場合などには注意が必要です。

 

併せて、身近な家族の中に上記の様な症状を持っている人がいる場合も、アレルギー体質を受け継いでしまっている可能性があるので注意をして下さいね。

皮膚のバリア機能が低くなっていても症状が起きやすいって本当?

アレルギー体質の人と同じく、肌のバリア機能が低下してしまっている場合もアトピー性皮膚炎に罹りやすいと言われています。

しかし、そもそも肌のバリア機能とはどんなものなのでしょうか?

 

本来人間の肌には、外部の刺激から肌を守る機能が備わっているのです。

例えば、肌の角質層にあるアミノ酸や塩類などは水分を逃さない保湿成分を持っています。

また、皮脂も汗などと混ざることで膜を張ってくれるので、肌表面から水分が蒸発するのを防ぐ働きをしてくれます。

併せて角質細胞間脂質というものは、水分を挟み込んで保持することで潤いを保ってくれます。

 

こういった肌のバリア機能によって乾燥や、外部からの刺激が軽減されるのです。

しかし、これらの機能の働きが低下すると、外部からの色々な物質が肌に付着、侵入してきてしまい、それが原因でアトピー性皮膚炎の症状が出てしまうのです。

 

特に、角質細胞間脂質が減少して肌が乾燥してしまうと、アトピー性皮膚炎の痒みや湿疹といった症状が悪化してしまう可能性があるので気を付けるようにしましょうね。

 

アトピー性皮膚炎、原因は免疫やバリア機能の異状にあった!

ここまで、アトピー性皮膚炎がどういった皮膚疾患なのかということをお伝えしてきました。

症状が出やすい人の特徴もお伝えはしましたが、そもそもアトピー性皮膚炎を引き起こす原因というのはどういったものなのでしょうか?

次はアトピー性皮膚炎を引き起こしてしまう原因をご紹介したいと思います。

免疫が異常反応をしてしまっているケース

アトピー性皮膚炎も、炎症の一つに変わりはありません。

炎症…と聞くとあまり良い印象を抱く人はいらっしゃらないと思いますが、本来は身体にとってとても重要な機能でもあります。

 

炎症というのは、本来外部から入ってきた不要物が、身体に悪影響を出さないように戦って倒してくれている免疫からのサイン。

ですので、ウイルスや細菌が身体に侵入してきた時に多く炎症が起こるのです。

 

しかしながら、この免疫機能がなんらかの理由で外部からの刺激に対して過剰反応を起こしてしまうことがあります。

そうすると、本来はなんてことのない物質に対しても攻撃をして、余計な炎症を引き起こしてしまうのです。

それがアトピー性皮膚炎の主な原因なのです!

免疫の異常反応、どうして起きてしまうの?

アトピー性皮膚炎が、免疫の異常反応によって引き起こされてしまうことはご納得頂けたと思います。

では、なぜ免疫が異常な反応を起こしてしまうのでしょうか?

 

もちろん、理由は人それぞれです。

例えば、先程からご紹介しているようにアレルギー体質の人は、免疫の過剰反応を引き起こしやすいと言えますし、皮膚のバリア機能が低下していれば外から有害物質が侵入してきやすくなるので、免疫が反応することが多くなってしまいます。

 

それだけではなく、ストレスや疲労が溜まっている状態でも免疫機能が不安定になりやすいので、異常反応が出てしまうことがあります。

また、長い間ずっと皮膚に強い刺激が加わってしまっている状態も免疫機能の異状を引き起こしてしまうので注意が必要です。

どんな物質が皮膚に刺激を与えてしまうの?

上記の通り、皮膚に刺激が与えられているだけでも免疫機能は異常反応を引き起こしてしまうのですが、具体的にはどんなものが刺激の原因になってしまうのでしょうか?

 

肌への刺激の代表例は、やはりハウスダストでしょう。

糸くずや砂ぼこり、花粉、カビ、動物のふけ、ダニなど…ハウスダストは身の回りに多いものばかり。

こういったものが直接肌へ付着するだけでも刺激になります。

 

それ以外にも、例えば肌をひっかいたり、こすったりといった物理的な刺激もあります。

また、化粧品や消毒薬、石鹸、金属といった様な化学物質も皮膚への刺激にあたりますし、汗や紫外線といったものも皮膚への刺激になってしまうのです。

 

こういった皮膚への刺激は免疫の過剰反応を増長するだけでなく、皮膚のバリア機能を低下させてしまう原因にもなるので、注意が必要です。

 

症状を悪化させないようにするためにはどうすればいいの?

ここまで、アトピー性皮膚炎の原因などをお伝えしてきました。

 

アトピー性皮膚炎は先ほどからご紹介している通り、湿疹や痒みがずっと続いてしまいます。

そうなってくるとどうしても患部を引っ掻いてしまいたくなりますよね?

大人ならまだしも、小さいお子さんが我慢できない痒みにずっと耐えているというのも実際難しい所でしょう。

 

しかし、肌を引っ掻いてしまえばバリア機能がさらに弱まり、外部からの刺激をよりダイレクトに受け取ってしまうのは、想像に難しくないと思います。

そうなってしまえば、炎症は悪化の一途をたどるばかり…。

こんな悪循環な状態は出来れば避けたいですよね!

では、そのためにはどうすればよいのでしょうか?

 

アトピー性皮膚炎の症状を悪化させないようにするためには、やはり一番は皮膚への刺激を減らすことです。

そのため、肌のバリア機能を保つためにスキンケアをして潤いを維持したりするのが良いでしょう。

 

それと同時に、心のケアや休息をしてストレスを減らしたり、しっかりと栄養を取って身体の中のバランスを整えることも重要です。

最近は、そういった働きのある成分配合がされているサプリメントなども販売されているので、併せて使ってみるのもおススメですよ!

 

アレルギー体質、子供に遺伝ってしやすいの?

アトピー性皮膚炎の特徴についてここまでご紹介をしてきました。

「だけど、アトピー性皮膚炎って子供の頃から罹っている人が多い気がする…」なんとなくそんなイメージをお持ちの人もいるのではないでしょうか?

もしかしたら、ご自身が子供の頃からアトピー性皮膚炎の症状に悩まされているという人もいらっしゃるかもしれません。

 

そして、このアトピー性皮膚炎にはアレルギー体質が大きく関わっているというのもお伝えをした通りです。

アトピー性皮膚炎を引き起こしやすい、アレルギー体質。

この体質は子供に遺伝しやすいものなのでしょうか?

 

ここからは、アレルギー体質の遺伝の有無や、子供に多いアレルギー関連の問題について少しご紹介をしていきたいと思います。

どれ位のタイミングでアレルギー体質になってしまうの?

アレルギー体質というのがどういったものなのかは先程ご紹介した通りです。

では、そんなアレルギー体質にはどのタイミングでなってしまう可能性があるのでしょうか?

 

実は、母親のお腹の中にいる段階でアレルギー体質になってしまう可能性があるのです!

妊娠して3ヶ月から7ヶ月位の期間に、母親が何かしらのアレルゲンによって刺激を受けてしまうと、お腹の子供もアレルギー反応を誘発、促進しやすくなってしまうと言われています。

妊娠中にはアルコールやたばこなどの有害物質に気を配る人は大勢いらっしゃると思いますが、併せてアレルギーの原因物質にも注意が必要です。

そもそも、アレルギーって遺伝してしまうの?

結論から言うと、アレルギーが親から遺伝するというのは全く無いとは言い切れません。

父親・母親双方から遺伝子を受け継ぐ際に、アレルギー体質の遺伝子も同時に受け継いでしまう可能性があるからです。

特に、母親の体質は父親の体質の影響と比べると4、5倍以上子供に影響を与えてしまうと言われています。

 

ただ、もちろん子供がアレルギーを発症してしまうのは、全部が全部遺伝によるものとは言えません。

子どもの生活スタイルや、住んでいる場所の環境など様々な要因が重なる事でアレルギーは発症してしまうのです。

 

子どものアレルギー、どうして増えてしまったの?

アレルギーの体質は、母親の胎内にいる頃からすでに子供に備わってしまう可能性があることがご納得頂けたと思います。

「そうは言っても、自分の子供の頃はそんなにアレルギーが盛んではなかったけど…」そう感じる人もいらっしゃると思います。

確かに、昔に比べるとここ近年で特にアレルギーと判断されるお子さんが増えているのは事実だと思います。

 

では、どうして最近になってアレルギーを持っている子供が増えてしまっているのでしょうか?

その背景を少しご紹介したいと思います。

住居環境が昔と変わった

昔と最近の大きな変化の一つとして、住宅の環境の変化が挙げられます。

日本は海外と比べて、木造の住宅が多いことはみなさんもご存知だと思います。

これは、日本の特性上、通気性の良い木造建築が昔から使われてきたからです。

 

しかし、通気性が良いということは逆を言えば夏は暑く、冬場は部屋の中もとても寒くなってしまう可能性があるということですよね。

それを防ぐために、近年は鉄筋コンクリートの建造物が増えていたり、冷暖房器具が各家庭で使われているのです。

もちろん、これは生活を快適に送る為には必要不可欠と言っていいほどになっているのが現状です。

 

しかし、これらは昔と比べてカビやダニといったハウスダストにとっても都合の良い環境になってしまっているということでもあります。

適度な温度、適度な湿度が整っている室内では、こういったものが昔よりも繁殖しやすい状態になってしまっているのです。

 

先程ご紹介した様に、カビやダニは肌を刺激してしまう物質の一つです。

そのため、それらに肌を刺激された結果、アトピー性の皮膚炎になってしまうということも増えているのです。

食事が昔と変わった

日本が代表する食事といえば、やっぱり和食ですよね。

最近では和食専門のレストランも非常に多くはなってきましたが、そういったレストランのメニューは、50年位前までは普通の一般家庭の食卓に上っていたものばかりでしょう。

 

しかし、近年では食卓のスタイルも一変し、基本的には欧米と同じようなメニューが並ぶことが多くなったのは事実ですよね。

併せて、加工食品・インスタント食品が食卓に並ぶことも多くなったと思います。

 

ですが、これらの料理は和食と比べると野菜や魚が非常に少なくなってしまっていますよね。

そのせいで、以前は普通に食事から摂取できていたビタミンやミネラルが摂取できなくなってしまっているケースがあるのです。

そうすると、免疫力の低下を引き起こしてしまうのでよりアレルギーを引き起こしやすい体質になってしまう可能性があるのです。

生活環境が昔と変わった

住居の環境や食事環境が変わると同時に、生活環境自体が自分が子供の頃と比べてガラッと変わったという人もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

この現代社会の中では私生活においても、何かとストレスを感じる場面というのは多いのではないでしょうか。

そういったストレスもアレルギーを引き起こす原因の一つと考えられています。

 

また、ご家族の中には煙草を吸っていらっしゃる人もいることでしょう。

煙草は吸っている本人にだけ悪影響があるとの考えから、副流煙などによって周りにいる家族に被害を出してしまうケースが多いというのも、割と最近になって発見された情報ですよね。

そういった周りの人への影響の一つとして、近くにいる家族のアレルギー反応を増幅させるというものがあります。

そうなってくると、家族に喫煙者が居てその人の近くにいるだけで、アトピー性皮膚炎になってしまう可能性も出てきてしまうのです。

 

子どものアレルギーの原因、実は普段寝ている布団にあった!?

現代は、子供でもアレルギーを発症してしまったり、アレルギー体質になってしまう可能性があることはご納得頂けたと思います。

そんなアレルギーの症状の中でも、やはり発症率が高いと言われているのが気管支喘息や、アトピー性皮膚炎といった症状になります。

 

しかし、極端なことを言えばアレルギー体質でもアレルギー源となる物質が無ければ症状は軽くなるはずですよね?

では、子供は何処からアレルゲン物質を身体に取り入れてしまうのでしょうか?

もちろん、アレルゲン物質の身体への侵入方法は人それぞれ異なると思いますが、今回は特に多いとされている場所を少しご紹介したいと思います。

布団に潜むダニ、これがアレルギーの大敵だった!

突然ですが、みなさんは普段どこで寝ていらっしゃいますか?

時と場合によって変わってくると思いますが、多くが布団やベッドといったところで眠ると思います。

大人がそうなら、子供ならそのほとんどが夜は布団やベッドで寝ているのではないでしょうか?

 

しかし、実は布団はしっかりと手入れをしていないとすぐにダニの温床になってしまうのです!

特に、布団の内部になってくるとダニの数は表面の約1000倍にまで膨れ上がります。

 

先程ご紹介した通り、ダニというのは皮膚に刺激を与える原因でもありますし、アレルゲン物質そのものでもあります。

併せて、何もせずに放っておいた場合ダニ由来のアレルゲン物質は6週間で130倍にもなるそうです。

想像しただけでぞっとしてしまいますよね。

子供は寝ている時間が多いのです!

布団などの寝具にアレルゲン物質が非常に多いことはご納得頂けたと思います。

そして、ここで注意しなければならないのは、子供は布団で過ごす時間が圧倒的に大人よりも長いということです。

 

寝る子は育つ、ということわざが存在する位に子供は大人よりも睡眠時間も多く、また睡眠を必要としているのです。

しかし、上記の通りアレルゲン物質が非常に多く潜んでいる布団で大人以上に寝てしまっていたら、それだけでたくさんのアレルゲン物質を身体に取り込んでしまう可能性が高いことは明白ですよね。

これだけでも、子供がアレルギーを発症する可能性が高くなる理由がご納得頂けると思います。

子供が抱えるぬいぐるみ、そこにも注意が必要だった!

小さな子供がぬいぐるみを抱えている、そんな姿を目にすることは多いですよね!

しかし、そのぬいぐるみも実は注意が必要なのです。

 

小さな子供が手にすることが多いということは、言い換えればそれだけ子供の手垢やお菓子の食べかすなどが付着することが増えるということです。

そういったものは、実はダニの大好物!

何もしなくても、ダニに餌を上げてしまっているのと同義だったりします。

 

また、こういったぬいぐるみは子供が抱えたまま寝てしまうということも多いですよね?

そうすると、寝具にいたダニが餌を求めてぬいぐるみに移動して繁殖してしまうことだって考えられます。

 

寝具やぬいぐるみなど、子供が使うことが多いものだからこそ日々の手入れをしっかりとしていきたいですね!

 

子供のアレルギー、どうすれば改善できるの?

ここまで、子供のアレルギーの原因についてご紹介をしてきました。

では、これらの症状はどうすれば改善できるのでしょうか?

 

方法はいくつかありますが、一番有効なものはやはりアレルゲンそのものを減らしていくというものでしょう。

ですので、普段からの掃除や消毒、空気清浄などをこまめに行っていくことが一番です!

 

併せて、10歳位のお子さんでしたら、乱れた食生活やライフスタイルを補正するためにサプリメントなどを使ってみるのも良いでしょう。

中には、環境の変化や刺激による症状を軽減しつつ、身体に必要な栄養を補給できるようなサプリメントもありますので、上手に取り入れてみて下さいね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アトピー性皮膚炎の症状などは、大人だけではなく子供の内から悩まされることが多いものです。

普段の生活スタイルに気を付けたり、サプリメントを使用したりしながら、上手に症状の改善に努めていくようにしましょうね!

 

*アトピーに効果抜群!アレルナイトプラスの実際に試用した効果とは?

-アトピーに関するお悩み

Copyright© 【詐欺!】アレルナイトプラスがアトピーが効果ない?悪い口コミが多いってホント? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.